たくさんの手があると思いますが、自身はその中でもペパードリップでいれることが得意だ。

得意なことは、コーヒーをいれることです。
と言っても、たくさんの手立てがあると思いますが、ぼくはその中でもペパードリップでいれることがお家芸だ。
プチは自家焙煎のお店で購入し、出来るだけ早く空けるようにしています。
ペパードリップは独学で覚えました。
「の」の言葉を書くように湯を注いだり、数によって粉の容量を取りかえることは無論、プチの種類によって微妙に容量を差し替えるという執着心風だ。
また、湯の気温にも執着心があります。
だいたい85℃になるようにお湯を注いでいます。
注ぎクライアントにも技法があって、どばどばという丸ごといれるのではなく、少しずつ慎重にいれることを心掛けています。
そうして入れたコーヒーの味覚は極上だ。
最近はコンビニエンスストアなどでも気軽にコーヒーを呑むことができますが、自分でいれて飲むとコーヒーのプチの種類などに思いが向くようになります。
者が急に娯楽に来ても、自分のいれたコーヒーを飲んで「美味しい」と言って貰えたら、これほど嬉しいことはないです。本当に効くダイエットサプリはコレ!