学生時代ではとりわけ、部活に夢中になりました。

学生時代では単に、部活に夢中になりました。
私は昔から、行為が憎悪で今一体を動かす事が好きではありませんでした。
ですが、中学生にのぼり「部活」という小学生には無かったものがあり「どの部活に入ろう・・」と悩んでいました。
そこで仲の良かった知り合いから「一緒にバレーボール部に入ろう。」と誘われたのが転機でバレーボール部に入部しました。
行為は憎悪だった私ですが、部活という初めての事実にちょっぴり興味を持っていました。
部活が始まって前半は、バレーボールを楽しむどころか玉幅広いや、ジョギングなどばかりで甚だ想像していたのと違い何度もくじけそうになりました。
ですが、ゆっくり本格的な躾などもはじまり、レースなどを行なっていくうちに
バレーボールという部活が楽しくなってきました。
朝練や夕刻の遅い時間まで躾を繰り返し、家に帰ってもみずからアタックの躾に励んだりと運動することが憎悪だった私がここまで部活に夢中になれると思いませんでした。レイクの借り方は簡単です